中学生だった僕へ。

先日ある所でこの三味線でハイサイおじさんを弾いていた。

曲が童神に移ったときに、突然喜納昌吉さんが現れた。

その後一緒にエレベーターに乗って、僕は昌吉さんの前でもう一度ハイサイおじさんを弾き、三味線を手渡すとちょろっと弾いて「自分でつくったの?良い音だね~。」と言ってくれた。


僕が沖縄、そして沖縄の音楽に初めて触れたのは中学生の時にテレビで見た喜納昌吉&チャンプルーズのハイサイおじさん。

すぐにこの曲が好きになった。

中学生の自分に「将来、この人の目の前で変な三味線でハイサイおじさんを弾く日が来るよ」と言ったら信じるだろうか。笑


ということは今想像できないようなことがこれから先も起こったりするということ。

今でもよく「あ、俺、”あの沖縄”に住んでる」と思い出したようにハッとすることがある。

(今朝も海沿いを運転中そう思った)

毎日が夢のようだ♪

人生、何が起こるかわからないから楽しい\(^o^)/



*三味線はハナムラ楽器製。

0コメント

  • 1000 / 1000